認定された後遺障害にもたらされるものは、一つや二つではありません。だからこそ、後遺障害の認定が重要視されているのです。後遺障害が認定されない場合、治療が終われば、何も賠償請求できないまま、不安な生活を過ごすことになります。

基本として、後遺障害の認定が行われると同時に、賠償請求の対象が変わりますが、慰謝料についてはより範囲が広がると考えてよいです。慰謝料の請求の幅が広がることでもわかるように、後遺障害の認定事実がもつ力は、大きいのです。

後遺障害が認定される前の慰謝料は、入院や通院に対する慰謝料になりますが、認定された後は、その後ずっと背負い続けることになる後遺障害の精神的負担、肉体的負担などに対して慰謝料を請求することができます。さらに、後遺障害認定が確実となった場合は、精神的・肉体的負担の慰謝料とともに、認定される前の請求対象だった入院・通院に対する慰謝料についても請求できるようになっています。

(システムを上手く利用)